【情報下さい】鹿児島県 薩摩郡 さつま町でのお正月の過ごし方

【情報下さい】鹿児島県 薩摩郡 さつま町でのお正月の過ごし方

ごきげんよう。
正月待ったなしのミスターお正月でございます。
今日も朝から晩まで、お正月のことを考えているでしょう。
おめでたいものですね。

気持ちよくお過ごしでしょうか?

正に月だね正に月だねお正月、ミスターお正月です。

鹿児島県 薩摩郡 さつま町のお正月がもっと知りたい!

鹿児島県 薩摩郡 さつま町では、どのように正月を過ごされてますでしょうか?
また、皆様のご家庭では、どのような正月文化があるでしょうか?
ミスターお正月はお正月文化を研究しており、皆様からのお正月情報を募集しています。
こんな門松がありますとか、こんな風習があります!とか珍しいお話をお持ちの方がいらしゃいましたら、お話を聞かせていただきたいです。

はてさて鹿児島県 薩摩郡 さつま町の皆さんは、どんなお正月をお過ごしでしょうか?

ミスターお正月の正月研究に対する意気込み

この活動を始めてから、
「お正月」について、色々な観点から研究するようになりました。

個人的なお話ですが
「お正月だから」といって、特に特別な飾りつけや行事をすることはありませんでしたよね。

大昔、祖母が元気だった頃は、餅つき機で自家製のおもちを作ってくれたりしたことはありました。
お雑煮や、簡単なおせち料理を作ってくれたことはありましたね。
家の門に、紙に印刷された門松を貼り付けたことはありましたよね。
あとは玄関のお札を取り替えました。
しかし、言ってしまえば、そんなもんですね。

これは、私の家庭だけがそうなのか?それとも、群馬県の県民性なのか、
本当のところはわかりません。

群馬県は日本の他の地域に比べて新し物好きで、ミーハーな県民性をしていると言われていますね。
だからこそ、古来からの文化であるお正月に、あまり関心が向かない部分があるのかもしれません。

私ことミスターお正月はこの活動を始めるまで、お正月を含めて日本の伝統文化にあまり関心が高くなかったのです。
だからこそ「知らない者の目線」で、この伝統文化を世界の人達に伝える広めることができるのだろうと思います。

正月の過ごし方、鹿児島県 薩摩郡 さつま町ではどうなのか?

青森県を中心とした秋田や岩手などの地域では、年始よりも年末が大事で、ご馳走は年末に食べるそうです。
「年始はいつも料理を作ってる人も含めて休むべき」とのことで
そうしているらしいですね。

大勢の親戚がつどうので、人数分の料理を準備しなければならないため、
焼肉やお寿司のように、特に「お正月らしいかどうか」にこだわらず、
外食で済ませてしまうご家庭も結構あるようです。

【お正月情報】Do you know the “Shogatsu butori”? 正月太り

鹿児島県 薩摩郡 さつま町のお正月の風習は??

小正月には、各地で左義長(さぎちょう)と呼ばれる行事が行われます。
どんど焼きは、刈り取った後の田んぼなどに竹を組んで、
お正月飾りやお守りなどを持ち寄って焼く儀式で、
これは日本各地で行われている習俗で、場所場所で呼ばれ方や慣わしが少なからず異なっています。

この儀式は、場所によって呼ばれ方が違っていて、
とんど(歳徳)、どんど、どんどん焼き
などの呼ばれ方があることが知られています。

Wikipediaによると
実施地域の分布図や形態についての展示資料が、川崎市市民ミュージアムにあるようなので、
実施する地域是非一度足を運んでみたいと思っていますね。

ただ、残念なことに近年は消防法の関係で取りやめているところも少なくないそうですね。

【お正月情報】Difference between Shogatsu and Oshogatsu1 正月とお正月の違い

鹿児島県 薩摩郡 さつま町でも若水は一般的でしょうか?
1月1日の朝、元旦に初めてくむ水を「若水」と言います。若水は、年神様にお供えしてからお雑煮などを作るのに使います。「年男」が正月の行事をとりしきりますが、「若水くみ」も年男の役目のひとつです。

どんど焼き(どんどやき)は鹿児島県 薩摩郡 さつま町のお正月でも一般的??

「左義長」「どんど焼き」は、神社や寺などで正月かざりなどを、1月15日、小正月のころにみんなで集まって燃やす行事です。そのけむりに乗って年神様が帰っていくと言われ、お正月の終わりの節目となっていたようです。
鹿児島県 薩摩郡 さつま町でもどんど焼きは一般的でしょうか?

お年玉はありますか?凧揚げは?年賀状はどうでしょうか?

「えのころ飯」は鹿児島県 薩摩郡 さつま町の正月に食べられているのか?

鹿児島県 薩摩郡 さつま町では、どのような正月料理を食べるのでしょうか?
地域の特徴は食べ物にも現れますよね。

例えば鹿児島県にはえのころ飯という食べ物があるそうです。
えのころ飯。人によっては聞いたことのない言葉かもしれませんね。
薩摩郡 さつま町にお住まいでない方は、えのころ飯という言葉を見ても、聞いても、
実物を見ても何なのかわからないかもしれません。

果たして薩摩郡 さつま町ではお正月にえのころ飯を食べたりしますか?
ミスターお正月はとても興味があります。

お正月はともかくとしても、鹿児島県のえのころ飯、
考えただけでおなかペコペコですね!

えのころ飯だけではなく酒寿司やきびなご料理、ヤギ汁、酒寿司、薩摩揚げ、ヤギ汁、薩摩揚げ、薩摩揚げ、豚骨料理といった郷土料理が鹿児島県にはあると思います。
薩摩郡 さつま町の正月では酒寿司、きびなご料理、そしてえのころ飯は食べますか?

あなたのお正月エピソードをお聞かせ下さい

【お正月情報】お正月の英語表記について About the English notation of Oshogatsu

「かつてはこんな風習があったけど最近ではこんな風に変化しました」というように、
時と共に変化したもののお話なども大変興味深いです!

「我が家では毎年このようなことをするので楽しみです!」
ですとか、おうちごとの独特なお話も聞かせてくだされば幸いですよね。

「家の御節はちょっと変わっていて不思議で、アレを入れるんですよ!」といった
家庭内の不思議なルールのエピソードも聞かせていただけたら嬉しいですね!

逆に「嫁ぎ先のお雑煮が口に合わなくて、毎年正月は実家に帰るんです」ですとか、
酷い目に遭われた方のお話も嬉しいです。

他人様の正月の過ごし方を比べる機会はなかなかないと思いますので、
是非くらべっこができたら面白そうですね。

地域情報カテゴリの最新記事