お正月基礎知識

お正月基礎知識

鏡開き(かがみびらき)【お正月情報】

鏡開き(かがみびらき、kagamibiraki)とは? 鏡もちを木槌などで叩き割って食べる鏡開き。年神様の魂がやどった鏡餅を食べて、1年間元気ですごせるようにと願います。餅を刃物で切るのは縁起が悪いとされているため、木づちなどでたた...
お正月基礎知識

羽根つき(はねつき)【お正月情報】

羽根つき(はねつき、hanetsuki)とは? 昔は一年を占う占いにも使われていた「羽根突き」。女の子の正月遊び「羽根突き」は、1年の災いを「はね」除けるという意味が込められています。
お正月基礎知識

凧揚げ(たこあげ)【お正月情報】

凧揚げ(たこあげ、takoage)とは? 願いごとを凧にのせて天に届けるという意味も込められた凧あげ。男の子が空にあがる凧のように、元気に成長するようにとの願いも込められています。
お正月基礎知識

書初め(かきぞめ)【お正月情報】

書初め(かきぞめ、kakizome)とは? 「書初め」とは年明けに初めて、墨と筆を使っておめでたいことばや絵を書くことです。「どんど焼き」で書初めを燃やすと上手になると言われています。
お正月基礎知識

年賀状(ねんがじょう)【お正月情報】

年賀状(ねんがじょう、nengajo)とは? 新年のあいさつに出かけるかわりに年賀状を書きます。年賀状には「新春」「迎春」「初春」など「春」のつくことばがたくさん使われていますが、旧暦の正月は春めく季節だったのでこのようになっている...
お正月基礎知識

若水(わかみず)【お正月情報】

若水(わかみず、wakamizu)とは? 1月1日の朝、元旦に初めてくむ水を「若水」と言います。若水は、年神様にお供えしてからお雑煮などを作るのに使います。「年男」が正月の行事をとりしきりますが、「若水くみ」も年男の役目のひとつです...
お正月基礎知識

年越しそば(としこしそば)【お正月情報】

年越しそば(としこしそば、toshikoshisoba)とは? 細く長いそばのように長く生きられますようにと長寿を願って、大晦日の夜に食べられる「年越しそば」。また、遠い昔は金粉を集めるため、「そば団子」を使ったそうで、そのことから...
お正月基礎知識

餅つき(もちつき)【お正月情報】

餅つき(もちつき、mochitsuki)とは? 餅は、昔からお祝い事やお祭りに欠かせないものでした。昔は多くの地域で、家族やご近所様が集まって臼に蒸したもち米を入れて、威勢のよいかけ声とともに杵でつく餅つきをしていたそうです。
お正月基礎知識

煤払い(すすばらい)【お正月情報】

煤払い(すすばらい、susubarai)とは? 1年のよごれを落とし、年神様をお迎えするための準備をするのが「すす払い」という行事です。かつて、江戸城で12月13日にすす払いが行われ、この日を正月事始めとしてお正月の準備がはじまった...
お正月基礎知識

大晦日(おおみそか)【お正月情報】

大晦日(おおみそか、oomisoka)とは? 家に年神様が1月1日の朝(元旦)にやって来るため、年神様を寝ないで待つ日が「大晦日」でした。遠い昔は、日の入りを次の日の始まりと考えていたため、大晦日の夜はもう新年だったんですね。